TotalSecurityFort標準の広範なログ取得機能

TotalSecurityFortのログ取得モジュールでは、ログの統計、分析から、企業内のPCの状態やネットワークのセキュリティ状況を明らかにし、セキュリティポリシーが守られているか確認できます。

書き出しファイルの複製、プリントスクリーンキー使用時のログ、印刷ファイル複製の記録など、万が一の情報漏洩の際に原因究明が可能です。

取得可能なログ

ファイル入出力(外部記憶デバイス/ネットワーク) 異常なコンピュータ
未インストールコンピュータ スクリーンキャプチャ
プログラムの実行 ウェブの閲覧
管理者の操作履歴 ファイル印刷
ファイル操作 一時使用申請の承認状況
Eメールの送信 (件名、送信日時、宛先、使用したソフト、本文の記録) Notes、Outlook送信メールのログ
ユーザの行動(ファイル操作/ウェブの閲覧/プログラムの実行) ユーザログイン
警告メッセージのログ サーバイベント
インスタントメッセンジャー  のチャット内容(Skype) コンピュータの稼働状況

 メールのバックアップ(複製)は、ネットワークセキュリティモジュールの機能です

ファイル複製が可能な操作

ファイル印刷 外部記憶デバイスへの出力
ネットワーク上へのファイル出力 ネットワークのファイル入出力

ネットワーク上へのファイル入出力は、ネットワークセキュリティモジュールの機能です

<ログ追跡画面>

ユーザの行動ログ

ローカルセキュリティの機能です

ウィンドウタイトルを記録する

現在開いているウィンドウのウィンドウタイトル、プログラム、継続時間を記録して詳細な履歴を取得します。

ブラウザのウィンドウタイトルを記録する

InternetExplorer/FireFox/Google Chrome で閲覧したウェブのURL やウィンドウタイトル、時刻を記録します。

エクスプローラの操作を記録する

Windowsエクスプローラによるファイルやディレクトリの作成、削除、リネーム、コピー、移動、名前を付けて保存(Office)などの動作と、それが行われた時刻、移動先を記録します。

   
© 2017 FineArt Technology Japan Co., Ltd.