TotalSecurityFortの基本となるモジュール

TotalSecurityFort全ての基本となるモジュールです。管理者、クライアントPC/ユーザ情報の登録、ドメインやデータベースの設定、クライアントPCへTotalSecurityFortクライアントのリモートインストール/アンインストールなどを行います。

TSF 01
システム管理
TSF 13
ログ取得
TSF 10
統計センター
TSF 11
トレンドセンター
TSF 12
分析センター
TSF 09
レポートセンター

<TotalSecurityFortシステム運用例>

TSF system unyou

省電力設定

管理コンソールからクライアントPCの電源設定を管理できます。

<省電力の設定画面>

TSF system ECO

特定外部記憶デバイスの登録

個別に使用禁止/制御する外部記憶デバイスを登録できます。

承認申請結果のメール通知

ファイルの書き出し、一時利用申請などの承認申請結果の通知をメールで受け取ることができます。

オフラインポリシー/テンポラリポリシーの設定

TotalSecurityFortサーバとオフライン時のポリシーを設定できます。
一定期間を設定して、テンポラリポリシーを設定することもできます。

PC状態管理(インストール済み / 未インストール / 接続・切断)

最終接続時刻・最終データ同期時刻・クライアントPCの接続状態等を確認することができます。

システム管理者権限の細分化

システム管理者ごとに設定可能な機能や権限を詳細に設定することができます。

ドメイン設定・同期

ディレクトリサービスと同期したユーザ情報管理が可能です。

TotalSecurityFortクライアントのリモートインストール・アンインストール

簡単かつ高速に、クライアントPCにTotalSecurityFortクライアントをリモートインストールします。
開発元実績:クライアントPC500台にリモート操作でインストールした場合 約50分
環境によって異なります

TotalSecurityFortサーバ間暗号化キー同期

ファイル共有機能

TotalSecurityFortサーバ間ポリシーキー共有、ポリシー設定同期

TotalSecurityFortサーバ間でのセキュリティポリシーの同期を行うことができます。

TotalSecurityFortサーバの監視

管理者のコンソールから、管理サーバ/DBサーバの状態を確認することができます。

データベースバックアップ設定

データベースサーバのログのバックアップ周期の設定が可能です。

ログのフィルタ設定

ログのフィルタリングを行うことができます。

データベースリンク機能

バックアップしたデータベースのログも一括して検索、閲覧することができます。

警告機能

外部記憶デバイスへの出力ファイルサイズ 外部記憶デバイスへの出力ファイルキーワード
ウェブ閲覧時のURLキーワード ネットワークへの出力ファイルキーワード
印刷ファイルキーワード 禁止ソフトウェアの実行

セキュリティチェック機能

管理者がクライアントPCのセキュリティ設定を確認できます。

Guestアカウントの無効設定
外部記憶デバイスの有無
Windowsアカウントのパスワード設定

<セキュリティチェック項目の設定画面>

TSF system securitycheck

BitLocker管理機能

リモートで BitLocker の暗号化/解除を実行できます。回復キーを自動収集、管理することができます。ユーザによる BitLocker操作やBitLocker解除を禁止します。すでにユーザ側で BitLocker 暗号化をかけていても、管理者側でパスワードを再設定することができます。

BitLocker1
ハードディスクを抜き取っても
解除パスワードを知らない
BitLocker2
持ち出し対策でサーバと通信できない時は
PCの即時シャットダウンが可能
   
© 2017 FineArt Technology Japan Co., Ltd.