管理サーバの定期的なスキャンでクライアントPCのソフトウェア構成情報を集中管理

管理サーバからのスキャンにより、各ユーザが使用しているクライアントPCのソフトウェア構成を取得し、一覧表やグラフでソフトウェアの使用状況を集計/分析することができます。

また、管理サーバからのスキャンを定期的に行うことでソフトウェア構成の変更時やソフトウェアの変更があった場合に警告やメールを送ることが可能です。

<ソフトウェア資産管理運用例>

TSF assets-software

資産情報収集

ソフトウェア資産のオンラインスキャン/オフラインインポート

管理サーバからのオンラインスキャンでクライアントPCのオペレーティングシステム (OS) 、アプリケーション等のソフトウェア構成情報を取得して管理します。オフラインPCの情報をインポートすることもできます。

また、取得した情報をグラフ表示や印刷、エクセル形式によるエクスポート、管理帳票として出力することができます。

ソフトウェア変更ログの取得

ソフトウェアの使用時間 (一日単位での実行時間) 、および、ソフトウェア構成の変更履歴を記録します。

購入運用管理

ソフトウェア購入運用管理

社内のソフトウェアの購入履歴を管理できます。
以下の管理項目の他に、任意項目を追加することも可能です。

ソフトウェア名 購入日
対応ソフトウェア 購入番号
推奨環境 資産のステータス
資産番号 保証期限
ライセンス管理 購入価格
部署 管理担当者
購入先  

ライセンス管理

ソフトライセンス管理

クライアントPCにインストールされているソフトウェアのライセンスを管理することができます。

警告

ソフトウェア構成が変更 (ソフトウェアのインストール、アンインストール) された場合、管理者、クライアントPCに警告を送ります。

HotFix管理

Hotfix情報の取得

クライアントPCに適用したHotFix情報を取得して管理します。
管理者はHotFixごとの適用状況をまとめて確認することができます。PCごとのHotFix適用状況を表示することも可能です。

Hotfixのインストール

Microsoft Windows Update の機能を利用して、HotFixのインストール状況を自動収集/分析することができます。
未インストールPCへのリモートインストールを行うこともできます。

   
© 2017 FineArt Technology Japan Co., Ltd.