ローカルセキュリティ

A.可能です。
A.ポリシーの設定により、ユーザやグループごとに印刷の禁止や制御を設定することができます。
A.ファイルを指定して印刷を禁止することはできません。
A.可能です。ユーザが印刷した内容をサーバに複製保存します。
A.登録されていない「未定義のプリンタ」として、使用を禁止することができます。
A.複数人を管理者に設定することができます。また、代理承認機能では、あらかじめ代理人と代理期間を指定しておくと、代理人が承認を行うことができます。
A.可能です。
A.可能です。TSFではInternet Explorer、Firefox、Google Chromeのブラウザウィンドウタイトルを取得します。
A.コンピュータ権限では、コンピュータ単位での制御を行うことを目的としています。通常TSFはユーザ単位でポリシーを適用しますが、不特定のユーザが利用するコンピュータの場合は、コンピュータ権限で制御を行います。
  

ネットワークセキュリティ

A.オフラインになる前のポリシーが有効の状態で制御されます。ユーザやコンピュータごとにオフラインポリシーを設定することもできます。オフライン時の操作ログはクライアント内部に保存され、接続後サーバへ送信されます。
A.現在は対応しておりません。
A.ローカルPC上で動作するプログラムであれば可能です。
A.可能です。閲覧したURLを記録します。
A.可能です。
A.ポリシーを設定すると、TSF未インストールPCからインストール済みPCへ接続できなくなります。
A.判別できます。X-Consoleの「インストール済みコンピュータ」「未インストールコンピュータ」に表示されます。
A.全てのURLを使用禁止に設定した上で、許可するURLのみ許可設定にします。
A.可能です。管理者が任意のURLを追加することもできます。
A.可能です。
A.HTTPを使用したWebメールサイトでは、ログの取得や添付ファイルの禁止などを行うことができます。個別のWebメールサイトの対応状況については、お問い合せください。
 

ソフトセキュリティ

A.可能です。制限するソフトウェアを登録することもできます。
A.ソフトウェア資産の「ソフトウェア使用頻度」ログで実行されたソフトウェアを把握することができます。ソフトウェア資産モジュールをご利用いただくと、ソフトウェアの利用時間も把握することが可能です。
A.可能です。Winny等のP2Pソフトウェアはポリシー設定で実行を禁止にすることも可能です。その他のソフトウェアに関しては、禁止ソフトウェアとして登録することで、使用不可にすることができます。
 

資産管理

A.可能です。適用状況をレポート形式で出力したり、未適用PCにパッチを適用することもできます。
 

リモート機能

A.可能です。また、クライアントPCの画面監視だけを行うことも可能です。
A.可能です。
 

インストール・設定・仕様

A.TSFではウイルス対策はできません。別途ウイルス対策を検討していただく必要があります。
A.Windowsのドメインユーザの場合、Active Directoryと同期を取ることでアカウントがTSFに自動で登録されます。ワークグループ(ドメインがない場合)は、TSF管理者がX-Consoleでユーザを登録します。
A.管理者以外のアンインストールはできません。
A.VPNを利用することで可能です。
A.可能です。インストールにはドメインネットワーク管理者の権限が必要です。
A.TSFサーバ1台で管理できるクライアントPCは3000台です。
A.TSFはセキュリティ、資産管理、リモートをすべて1つのソフトでカバーしており、その中から必要なモジュールのみ購入できる点が特長です。また、短期間でクライアントPCへ導入できることも強みです。
A.電源オンのクライアントPCのみスキャンを実行します。
A.現在確認している競合製品は、「秘文」、「PointsecMediaEncryption」、「ウイルスセキュリティ」、「HP Mobile Data Protection システム」、「WinGate」、「Soliton Smart Security」です。
A.推奨スペックを満たしていれば、問題なくお使いいただけます。詳細は「動作環境」をご確認ください。
A.制限可能です。ローカル/ネットワークを問わず、プリンタ単位で制御することができます。
A.サーバにアクセスできない場合には、前回接続時のセキュリティポリシーのままPCを利用することになります。次にTSFサーバにアクセスしたときに、ログを全てサーバにアップロードします。
A.制御できます。管理者が設定するまでの間は、外部記憶デバイスとして制御されます。
A.暗号化出力時に、復号化可能なユーザを選択することができます。
A.可能です。制御方法の詳細については、代理店または弊社にお問い合せください。
  

   
© 2018 FineArt Technology Japan Co., Ltd.