情報漏洩防止システム

Slider
Image is not available

ファイル暗号化
ロール権限管理
暗号化共有フォルダ
アクセス制御
平文/暗号化ファイル相互保護
暗号化通信保護

Image is not available

外部記憶デバイス/MTPデバイス制御
プリンタ/無線アクセスポイント制御
マイネットワーク制御
ウェブ閲覧制御
クラウド制御
インスタントメッセンジャー制御
ファイル操作ログ取得

Image is not available

ハード/ソフトウェア資産
自動インベントリ
ソフトウェア資産管理
ハードウェア異動管理
ソフトウェア制御
HotFix情報管理
スクリーンキャプチャ/画面録画

Slider
  1. USBメモリ等を全面的に使用禁止にする強力な制御機能を備えつつ、必要に応じて情報の持ち出しを許可できる柔軟な運用管理、ログの取れる情報が豊富でソフトウェアの実行制御がしっかりできる点が選定のポイントです。
  2. 社員一人一人が安全な情報の扱い方を考えるようになったことが一番大きな効果だと思います。
  1. セキュリティ対策を行っているという意識が職員の中に浸透しました。
  2. 全ての行動を記録することで一人一人の行動に心理的ブレーキがかかり、抑止力として高い効果が出ています。
  3. 管理職側に何らかの負担を強いることなく、部下が持ち出そうとしている情報を目で見て管理することができるようになり、持ち出し情報の「見える化」(可視化)を実現できました。
  1. 社員のセキュリティに対する意識が大きく向上し、他人事ではないという認識が生まれました。
  2. Web閲覧、電子メールの使用に際し、業務外の使用が無くなるという抑止効果がありました。
  3. TotalSecurityFortを用いた実効的な情報漏洩対策に対しお客様からの高い評価をいただき、信用アップにもつながっています。

まずは監視と抑止の強化ですね。今まではログを取得することができなかったので、何かがあった時にも調べようがなかったのですが、現在は確実に取得できているので詳細なログの追跡ができるようになっています。
社内規定に「機密情報を識別、管理し、それを扱うときは責任者に確認を取る」というものがあり、これをTotalSecurityFortにより解決でき、業務に支障を来たさずに社内規定を遵守することが可能になりました。

Slider
TotalSecurityFort機能紹介
Image is not available

TotalSecurityFortの制御によって、USBメモリ等への出力を制御したり、USBメモリ等への出力を管理、マイネットワークへの出力を制御したりすることができます。

Image is not available

TotalSecurityFortの制御機能で指定したフォルダの内容を保護することができます。また、SVS暗号化機能でより安全にファイルとフォルダを管理することもできます。

Image is not available

SVS暗号化機能でSVSファイル作成したり、ファイルサーバを保護することができます。SVSディスク内のファイルとフォルダは暗号化したまま編集することもできます。

Slider
Slider
© 2021 FineArt Technology Japan Co., Ltd.